• お電話でご相談 お気軽にご相談ください。ご要望をお伺いして最適なホームをご紹介します。0120-85-6543
  • 東京 横浜
  • 相談員の出張相談 訪問による出張相談を行っています。ご自宅またはご希望の場所をご指定下さい。 0120-85-6543
  • お問い合わせフォームはこちらから

スタッフブログ

2017年7月17日 月曜日

サービス付き高齢者向け住宅

こんにちは、こば です。

先週、ちょっと心配な数字が
発表されました。

『サービス付き高齢者向け住宅

 制度開始5年で廃業125か所

かなり刺激的な見出しです。

国土交通省が今年初めて
実施した調査で判明したそう。

■廃業した施設数の推移
2011年度:1ヶ所
2012年度:15ヶ所
2013年度:29ヶ所
2014年度:35ヶ所
2015年度:45ヶ所
※ヨミウリオンラインより

廃業の件数は年々増加傾向。

内容を見てみると
入居者が思うように集まらないなどとして
高齢者が入居する前に廃業した施設が64ヶ所、
入居後の廃業は61ヶ所。

都道府県別では神奈川県・愛知県が
ともに12ヶ所と最多。

当初のもくろみの
自立者の住み替え場所、というよりは
要介護者の受け皿になってしまっており
入居者の約9割が要介護者、約4割が認知症の方
という数字まで出ているよう。


制度上は賃貸住宅なので
自治体が事業計画などを事前にチェックする
介護施設とは大きく異なり、
規制が緩く行政への登録手続きだけで
開設できてしまいます。
建設時の補助金も、介護施設建設時のそれと比べ
かなり緩くなっています。
新規参入を促進させている大きな要因です。


利用者にとって
住まいの選択肢が増える事は喜ばしいですが
その選択肢はどれも安心できるものでなければ
いけません。

『質の確保』
今後の大きな課題です。

サービス付き高齢者向け住宅の中には
もちろんしっかりとした運営方針の元
やっている会社も多々あります。

ご心配な方は
悩まれる前に一度ご相談ください。