• お電話でご相談 お気軽にご相談ください。ご要望をお伺いして最適なホームをご紹介します。0120-85-6543
  • 東京 横浜
  • 相談員の出張相談 訪問による出張相談を行っています。ご自宅またはご希望の場所をご指定下さい。 0120-85-6543
  • お問い合わせフォームはこちらから

スタッフブログ

2015年9月21日 月曜日

福祉用具

こんにちは、こば です。

みなさん、製品評価技術基盤機構(通称NITE)って
ご存じですか?

時々メディアにも名前が出てくるのですが、
多くの方にはあまり知られていないかもしれません。
ここでは、様々な製品の技術上の評価や
品質などを消費者に情報提供している

独立行政法人です。

「●●の製品で火災が起きてます。気をつけてね」
「●●の事故が多発しています。
 ●●の取り扱いは注意して」

などの注意喚起をしている団体、というと
分かる方もいるかもしれません。


この団体が先日、こんな情報をリリースされました。
福祉用具による高齢者の事故にご注意ください」

介護ベッドや電動車イスなどの
福祉用具による事故が増えているとのことで
注意を呼び掛けています。

誤使用や不注意による事故が多いようですが
平成22年度~26年度の5年間で合計147件の
事故が報告されています。
そのうち55件は使い始めてから1年未満に
発生していて、使用の不慣れが事故原因の
ひとつだそう。

また、「死亡」「重傷」の被害は100件(68%)もあり
事故が起こると重度化してしまうケースが多いようです。

身近なものとして注意したいのは、〈介護ベッド〉。

事故状況としては、ヘッドボードやサイドレール、
ベッド用グリップ(手すり)の隙間に頭や首、
手足などを挟んでしまうケースが41件。
そのうち28件が「死亡」「重傷」だそう。
十分に注意してください。


福祉用具はきちんと使用すると
この上なく価値のあるものになります。
但し使用方法を間違えると
今回の報告のように取り返しのつかない
事態にならないとも限りません。

私もついつい取り扱い説明書に
目を通さずに様々な製品を使用してしまいますが
これからは事前にしっかりと
注意事項に目を通してから
製品を使うようにしようと思います。

みなさまも十分ご注意ください。


下記がこちらの団体のホームページです。
独立行政法人 製品評価技術基盤機構(nite)

ページ下のほうの【発表資料】「説明資料」に
事故事例・統計など詳しくあります。
ご興味のある方は、是非一読を。