• お電話でご相談 お気軽にご相談ください。ご要望をお伺いして最適なホームをご紹介します。0120-85-6543
  • 東京 横浜
  • 相談員の出張相談 訪問による出張相談を行っています。ご自宅またはご希望の場所をご指定下さい。 0120-85-6543
  • お問い合わせフォームはこちらから

スタッフブログ

2011年10月31日 月曜日

サービス付高齢者専用賃貸住宅

老人ホーム紹介センター
【ゆぴてる・けあ】の こば です。
 


今日は制度のお話。

以前にもお伝えしましたが
「高齢者専用賃貸住宅」の名称が
「サービス付高齢者専用賃貸住宅」に
変更・統一されます。

その登録制度が20日より
受付開始されました。


今までは住宅の種類が3種類あり
ちょっと複雑でした。

◆高齢者専用賃貸住宅
(高専賃)
◆高齢者円滑入居賃貸住宅
(高円賃)
◆高齢者向け優良賃貸住宅
(高優賃)

見るからに分かりづらいですよね。

これが今後は
「サービス付高齢者向け住宅」に
一本化されるのです。

高齢者向けの住宅なので、
登録要件も今までのものより
若干厳しくなりました。

登録要件
・居室の広さは25平米以上
・居室内にキッチン・トイレ・洗面・浴室
収納設備の設置
・バリアフリー化
・安否確認と生活相談を実施
・敷金、家賃、サービス費以外の
徴収は不可
・前払い金を徴収する場合は保全措置
・入居者の同意なく居室変更や
契約解除は不可
・何か問題があれば自治体の
立ち入り検査が可

 

名称が一本化されるのは
喜ばしいことですが、
個人的には下記の心配もあります。

・「サービス付住宅」と
介護付有料老人ホーム」の
特色が曖昧になり
混同してしまうのではないか


というのも
「サービス付」とはいえ、
必ずしも介護サービスがついている
わけではありません。

また、介護サービスがついていても
要介護者への対応は
各住宅により異なります。

ですが
利用者側からみると
「サービス付なんだから
最後まで安心だろう」と
思われる方は
少なくないのではないかと
思っています。

 

今現在、
介護付有料老人ホームと
同等の介護サービスを
提供できている住宅は
ほんの一握りです。

それが今日・明日で
介護サービスの充実した
住宅が極端に増えることは
考えにくいです。

例えば、
仮に手厚い介護を
提供できたとしても
対価として料金が
極端にかさむ様であれば、
それは「対応できない」と
同じ意味だと思います。

介護保険上の規定もあり、
介護付有料老人ホームと
同等の介護サービスを
高齢者住宅で用意することは
決して簡単なことではありません。


勘違いしてはいけないのが、
介護サービスが提供される
「サービス付住宅」であっても、
あくまで土台は『住宅』だ、
ということです。

そのことを忘れてはいけません。


マイナスな事を長々
お話してしまったかもしれませんが、
「サービス付住宅」にも
有料老人ホームにはない
良い点はたくさんあります。

そして
「住宅」の暮らしぶりが好きな方、
逆に「老人ホーム」の
安心感を望まれる方、
それぞれいらっしゃいます。


どちらにしても、
「住宅」「老人ホーム」の類型に
捉われるのではなく、
「何を重視して住まい探しをするか」が
ポイントになるのは
今後も変わりません。

みなさん
後悔しない住まい選びを
しましょう。